トリアノンでは、一緒に活躍して働ける新しいスタッフを募集しています。
下記アドレスに住所・氏名・電話番号・希望動機を明記の上ご送信下さい。

icon-envelope info@trianon.jp

トリアノン オーナー   サツカワ大介

「トリアノン」はフランスにあるトリアノン宮殿から名付けました。トリアノン宮殿は、マリー・アントワネットが自由になる私的空間として娯楽やリラックスの為に使用していた宮殿。
私達はお客様に非日常の空間で贅沢にリラックスして楽しんで元気になって頂きたく、このトリアノンという名前にしました。
そして私達自身もお客様と仲間と楽しく幸せな時間を過ごしたいと思います。私達のした仕事でお客様に喜んで頂けると純粋にただただ嬉しい。好きな仕事をし、お客様に喜んで頂ける美容師の仕事は本当にステキで、やりがいがあると思っています。トリアノンには仕事としてのやりがいがあり、お客様、スタッフの笑顔であふれる空間でありたいと思っています。

トリアノンではこんなスタッフを求めています。

○オシャレが大好きな方。
○他人の喜ぶ姿が嬉しい方。
○美容の仕事を楽しんでいきたいと思っている方。

お客様にとってはもちろん、働く私たちにとっても、理想のお店を一緒に作っていきたいと思っています。

〜 技術カリキュラム 〜

無駄な競争、プレッシャー、ノルマなどはありません。細かく定められた技術習得カリキュラムがあり、自分自身のペースで一歩一歩理想の美容師に近づけるようサポートします。

〜 お客様に最高のサービスを提供する為に 〜

働く私達のメンタルケアが大切だと考えています。仕事以外での人間関係に気を使うことなく、自分の意見をハッキリ言えるミーティングがあり、合宿や無駄な社内行事はありません。

〜 カウンセリングに力を入れています 〜

NLPというコミュニケーション学を用いカウンセリングを行なうことで、お客様の言葉にならいご要望やお悩みを伺い、今まで以上に満足なヘアデザインを作っていきます。
そのコミュニケーション学は自分自身の考え方もポジティブであったり、またネガティブも受け入れるような心の健康状態を保つこともできます。

募集要項

・給与 [正] アシスタント 17万円〜 
スタイリスト 20万円+歩合給〜
昇給年1回   賞与年2回
[ア・パ] 時給1,000円〜
・勤務地 静岡市駿河区国吉田4-13-5
※静鉄「県総合運動場駅」より徒歩3分
・時間 火〜土 / 10:00〜19:00
日・祝 / 09:00〜18:00
[ア・パ] 上記内で時間・勤務日 ご相談
・休日 毎週月曜日・第2火曜日・第3日曜日
・+他1日(月7〜8日)
年末年始4日・夏期休暇2日・有給有り
・資格 美容師免許
・待遇 雇用・労災保険

スタッフの声

増田 里奈 
平成2年生まれ 美容師歴6年

お休みの日は犬とのんびり過ごしたり・・・、食べる事が好きなので、ごはんやさん巡りを色々しています。

私はもともと他のサロンで働いていましたが、大手サロンだったのでスタッフの在籍人数も多く仕事以外の人間関係で気を使うことがとても多く、転職を考えるようになりました・・・。
その時「トリアノン」の求人を見て応募したのがきっかけです。店長の人柄とアットホームなこの雰囲気に惹かれて入社を決めました☆
実際に働いてみたら最初のイメージ通りでとても働きやすくて居心地よく感じています♪

「お客様にとって気軽に何でも相談できる身近な存在の美容師」

そんな美容師になるのが私の目標です。ここで経験を積んでもっともっと技術・サービスを学んでいけたらと考えています☆

オーナープロフィール

サツカワ 大介

幼い頃は・・・

とにかくワガママ。
とりあえず何でもやってみたくてケガばかりしてました。自動販売機の上から落ちた経験あり?!


兄のソフトクリームをうばう!


雪上でダイブ!

中学生頃から・・・

だんだん髪型や服装を気にするようになりました。
清水の中学出身なのですが中2まで校則で「ボウズ」、中3から髪を伸ばしてよくなり色々な髪型を迷走していました。
顔ソリが苦手だった私にとって美容室は超快適!カットをしている姿を見るのが好きで雑誌も読まずにひたすらカットする手元を見ていました。


布団でダイブ!

出会い・・・

高校生頃から、美容師を目指すようになりました。きっかけは中学生の頃から通っていた美容室のお姉さん。
将来どんな仕事に就きたいか訊かれ「何もしないで生きていたい!」と答えたら、「じゃあ美容師になれ!」と・・・。
高校3年間髪を切りに行く度に言われ洗脳?!


夜までBBQ


ライブ

本当に!!・・・

入学した美容学校。
当時は美容室で働きながら学校に通うのがルールで、通っていた美容室にお願いをして働かせてもらう事になり、「美容室のお姉さん」が「師匠」になりました。
美容学生時代はとても忙しく、平日は朝から夕方まで学校、夕方から夜中まではお店で営業、その後技術練習、土・日は終日お店で仕事。
時間ができるのは、月曜の学校後のみ・・・。
何度も「辞めてやるっ!!!」と思いましたが、その度師匠になだめられ・・・。
本当に美容師の道を歩み始めました。


ワインディング大会

挫折・・・

あまりのプライベートの時間のなさから逃げ出しました。

4年間程の東京でのフリーター生活で、他人を想う心の大切さ、毎日目的を持つことの幸せ、自分自身の力のなさを感じました。
自分自身に力をつけ、他人の役に立たなければ自分自身の充実した毎日もないと感じ、だいぶ出遅れましたが再び美容師の道を志しました。


友達と話し


色々な事を経験し・・・

「挫折」や「より道」は、マイナスではないと思っています。器用ではないかもしれません。苦労も多いかもしれませんが実際に色々な体験を通じて、見たり聞いたり感じたりする事は、沢山のお客様に接する私達にとって大切な財産だと思います。
自分自身を磨き、それを使いお客様に喜んで頂く。
それが自分自身の喜びにもなり、さらに磨く。そしてさらなる喜び・・・。
私は仲間とそんなステキな充実した美容師人生を送れたら幸せだなぁと思っています。